本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 愛媛 > 堀江港

堀江港

                                愛媛県:キリシタン関連史跡

宣教師が来た港


伊予国を一番最初に踏んだ宣教師ガスパル・ヴィレラ来た港。
ヴィレラ神父一行は悪天候のため10日ほど堀江に滞在しました。

次に堀江港に来たのはルイス・フロイス一行だったのですが、既に日本人キリシタンが既にこの地にいて、神父を喜んで迎えた話が記録に残っています。



堀江港


1566年フロイス神父、アルメイダ修道士らを堀江港で迎えたのは、先に京都で受洗した者たちで、神父に会った喜びで他の日本人にもキリスト教を勧めました。

そのためフロイス神父らが堀江に滞在した8日のうちに、他に6人が洗礼を受けました。

彼らが、四国で受洗した最初のキリシタンということになります。




堀江港

堀江港

堀江港



 
現地への行き方
住所は松山市堀江町。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>