本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 愛媛 > 三津浜港

三津浜港

                                愛媛県:浦上キリシタン関連史跡

浦上キリシタンが上陸


明治初頭、長崎から流配されて来た浦上キリシタンが上陸した港。
ここから市内中心部に向かい、三津口牢に入れられました。



三津浜港


この港に着いた86名の浦上キリシタンは、松山で3年半の牢屋生活をし、8名が死亡。その人たちは故郷へ帰ることができませんでした。

松山から生きて長崎に戻り、後に神父になった山口宅助神父は、晩年にカトリック松山教会の司祭、信徒たちと相談して、カトリック墓地に浦上キリシタン流謫碑を建てました。




三津浜港

三津浜港



 
現地への行き方
JR三津駅から徒歩約15分。住所は松山市三津です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>